運命は、いつでも遠回り。

好きなもの好きと言える 勇気だけは 手放したらダメだよ

雅なる物語

 

 

 


大阪ロマネスクの再録バージョンを初めて聴いたとき、ああ、すばるくんは最後にこの曲を残して、ライブに出て、関ジャニ∞の大事な曲たちを心に刻み込むように歌って、eighterと関ジャニ∞とお別れするつもりだったんだろうなと思った。

 


週刊誌に先を越されてしまったからか、理由はわからないにせよ、すばるくんの思い通りの最後にはならなかったと思う。

 


そこに心残りもあるかもしれない。だけど、今まで積み上げてきたお仕事の数々が、すばるくんをあたたかく送り出してくれた。

 

 

 

どの番組も、最善を尽くしてくれていたと思う。

 


もう7人のパフォーマンスが見られないかもしれない、歌が聴けないかもしれないと思ったけど、ちゃんと、7人の姿を見ることができた。

 

 

 

7人でいられる時間は4月15日の時点で限られていたし、正直、安田さんの怪我の回復具合とのせめぎ合いだったと思う。

 


相当な無理をして、それでも、7人でいてくれたことに感謝したい。

 

 

 

 


6人の初日まで、あと、3日。

 


eighterはみんな、すばるくんが大好きだよ。

 


なんでかって?

 


関ジャニ∞が、すばるくんのこと、大好きだから。

 

 

 

みんなみんな、すばるくんのこと、大好きなんだよ。ずっといてほしいって思うよ。7人の永遠を信じてたよ。

 


だからこんなに寂しい。

 

 

 

寂しさに押し潰されそうになりながら、3ヶ月を過ごしてきて、いよいよ、6人のライブに行きます。

 

 

 

6人のライブで何を思うのか、まだわかりません。

 


だけど、こんなに大好きなグループの新しいはじまりを見届けられることが、わたしはしあわせです。

 

 

 

地元の札幌ドームが、その大切なスタート地点なこと、嬉しく思います。

 

 

 

札幌ドームがeighterさんでいっぱいになる。

 


その光景も目に焼き付けたいです。

 

 

 

一年にたった一公演だけの、関ジャニ∞が札幌ドームに来てくれる日。

 


大切な数時間を、噛み締めたい。

 

 

 

 


次はないかもしれません。

 

 

 

 


何もかも、当たり前じゃない。

 

 

 

6人が6人でいられることだって。

 


関ジャニ∞、本当にありがとう。

 

 

 

これからも自分のできる精一杯で、関ジャニ∞を支えていくね。

 

 

 

ファイト!関ジャニ!無限大!エイト!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは、NEWSを諦めない。

 



 

 

 


シゲちゃんを好きになって3年。

エイトのファンであるわたしが、他のグループを好きになるなんて想像もしてなかったあの頃。

 

 

 

 


皮肉なことに、今年はいろんなことが起こっている。

 


今回のことと、エイトのことは本当に別件なのだけれど、どちらもわたしにとっては心が痛い出来事で。

 


これからある現場が、純粋な気持ちで楽しめる現場ではないこと。

 


すごく楽しみにしてただけに、悔しいな。

 

 

 

4月15日から、つらくてどうしようもない気持ちをNEWSに支えてもらっていて、

EPCOTIAさいたま公演で、

いちごのないショートケーキの話を改めて聞いたとき、

『最高のスポンジケーキができたと思うから、ファンのみんながいちごになって』って言ってくれて、

エイトのことも重ねながら、

なんだろう、4人になって何年も頑張ってきて、

やっと、ここまで来れたんだなって、

エイトも何年かかるかわかんないけど見守って支えていくしかないんだなって、

そんなことを思って。

 

 

 

15周年で、たくさんのお仕事をもらえて、

シゲちゃんは夢だった主演ドラマが決まって、

味スタライブもあって、

なんかほんともう、最高に楽しくてさ。

 

 

 

だから、終わらせないで。

 


『ENDINGなんてねーから!!!』って力強く言ってたシゲちゃん。

 


わたしはまだ、NEWSを諦めたくない。

 

 

 

 

 

 

ビビット観ました。

 


世間は冷たいよね。厳しい目線がこれからもずっと向けられると思う。

それでも、矢面に立ち続けなきゃいけない。

 


しんどいだろうけど、こっちもしんどいけど、好きだから、NEWSからも、シゲちゃんからも離れたりしない。

 

 

 

増田さんの言葉、胸に刻んで、また一から頑張っていこうね。

 

 

 

 

2018年4月15日午前11時

お知らせの3時間後、外へ出ると、トーキョーはどんよりとした曇り空だった。

 

 

 

 


遡ること9時、関ジャニ∞ファンクラブからの一通のメール。

 


関ジャニ∞のメンバーから11時に大切なお知らせ』

 


2時間がこんなに長く感じたことはあっただろうか

本当に地獄だった

 


そして11時 お知らせを読む

 


12時すぎ、記者会見の映像が流れ始める

 

 

 

14時 ジャニショに到着

 


15時 すばるくんと関ジャニ∞集合の写真を全部購入(55枚中7枚品切れ)

並んでいたら、後ろの他G担が『すばるも買っとくー?』『(自Gの)誰かが脱退したら絶対無理』『(モニターにジャムの映像が流れたときに)すばるバイバーイ』と言っている声を聞いてしまう

 

 

 

 

 

 

16時 渋谷タワレコTSUTAYA関ジャニ∞のコーナーをぼんやり見ながら泣く

カフェで会見記事を読む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いてもたってもいられず、自分にできることといったら、写真を買うことくらいだなって思って、涙はずっと止まらなかったけど、それでも一生懸命こらえながら、ただただ、ずっと、関ジャニ∞のことを思っていた。

 


トーキョーで一人ぼっちで、泣いているのは、悲しんでいるのは自分だけな気がして、どこにいても居場所がないように感じて。

 

 

 

 


自分のことだとほとんど泣けないのに、何時間経っても泣いてるのは、自分のこと以上に関ジャニ∞のことを大切にしてた証だと思って、ああ、わたしはこんなに関ジャニ∞が好きなんだなって、こんな形で知りたくはなかったけど。

 

 

 

本当に、今は何もかも耐えられなくて、受け止められなくて、悲しくて、さみしくて、それでも大好きで、どうしようもなく大好きだから

 


自分の明日なんてどうでもよくて、たとえ命をくれと言われても喜んで差し出すよ、すばるくんが関ジャニ∞に戻ってきてくれるなら

 

 

 

上手く言えないんだけど、しぬより関ジャニ∞を離れるっていう決断の方がつらい

 

 

 

こんなの全部嘘だって、絶対笑い話にしてくれるって、ギリギリまで信じてたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと3ヶ月後、札幌ドームにわたしは行きます。

関ジャニ∞にとって、最後の札幌ドームに、なってしまうかもしれないけれど。

 


どんな気持ちでもいいから、何だっていいから、どうか、札幌ドームにたくさんお客さんが来てくれますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道民ジャニオタが上京してみて1年経つ話

 


就活シーズン到来とのことで、わたしの上京話をしてみようかなと思った次第である。


わたしはエイト、NEWS、JUMPの掛け持ちオタクで、2017年4月に23年間育った北海道を出て、大都会トーキョーの住民になりました。

大学卒業のタイミングではお金がなく、一人暮らしすることも、ましてや上京することも考えられなかった。

それで地元の職場に就職したが、あまりにも休みが取りづらい職場で、遠征が大変だった。せっかくお金があっても、現場に行けないのなら働いている意味がない。

北海道→トーキョーへの遠征は、冬だと飛行機が欠航になるケースが多く、いつも飛行機が飛ぶかどうかの不安がつきまとうこともしんどかった。実際に吹雪で飛行機が欠航し、イフオアのチケットを無駄にしたこともあった。
年に何回もこの不安を経験するくらいなら上京したほうがいいのでは?と考えるようになっていた。


そして実家暮らしの甘えもあって、このままじゃ結婚できないのではないか……早く自立しなくては……という謎の焦りもあった(当時はご飯すら炊いたことがなかった)。


オタクならではのトーキョーへの憧れが日に日に強くなり、社会人1年目の夏、わたしは上京を決めたのだった。


2016年10月(社会人1年目秋) 職場の面接
2017年2月(社会人1年目冬) 家探し
2017年4月(社会人2年目春) 引越し

目まぐるしい日々を過ごした。転職サイトを利用して新しい職場を決め、家も事前にネットで探して1日で3件内見しその日に決め、家具家電を購入し、引越し日にトーキョーに届くように送った。


憧れのトーキョーは、やはり現場へのアクセスが良く、この1年でたくさんの現場に行けた。


静岡名古屋大阪は新幹線で簡単に行けてしまうし、北海道に帰るのも楽なので地元公演は相変わらず行けるし、東京ドーム周辺で夜中まで騒いでも数十分で自宅に着いてしまう。

テレビで観た美味しそうなご飯屋さんとか、ロケ地にも気軽にすぐ行けちゃうし、ジャニショにもこまめに行けるし、クロニクルといたジャンも当たり前に観れるし(関東ローカル)、予定が合えば番協も申し込める。


トーキョーのデメリットは空気とか水が綺麗だとは思えないことくらいかな……北海道と比べるとどうしても。洗濯物を部屋干しして、浄水器を付ければ解決します。笑

あと海鮮とラーメンが食べられないこと(北海道で食べた方が美味しいから)、ラム肉とやきそば弁当が売ってないこと。大きいスーパーやドラッグストアがあんまりないから、品揃えが悪いなと感じてしまうこと。


それ以外はもう、最っっっ高です!笑

世界が変わります!トーキョーは自担が住む街で、自担が働く場所で、きっと近くにいるって、同じ空気を吸ってるって思うだけで、トーキョーに来てよかったなって思えるんです。


現場ホイホイになってお金はなくなるけど、やっぱり行きたい現場に行けるってしあわせだなって思うから。

 

今は金銭的に無理かなって思ってる人も、地元で働いてお金を貯めてから上京するっていうわたしのようなパターンもあるから!トーキョードリーム叶えようぜ!!!

 


がんばれジャニオタ就活生!何かあったら相談に乗るよ!!!

 

 

 

『入門〜よこやまゆうのテガミ〜』まとめ〜初主演映画ありがとう〜

 

 

『入門〜よこやまゆうのテガミ〜』とは?
Johnny's webで横山さんが『破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年1月28日公開)』の宣伝として2016年12月14日から2017年2月11日まで更新した短期集中連載。


第1週目(12/14〜12/20)5通
12/14 18:00 1通目 濱ちゃん誕生日ケーキ
12/16 17:00 2通目 間は気にしてました
12/18 14:00 3通目 きゅうり嫌い
12/18 16:00 4通目 トラちゃんジュニア
12/20 17:00 5通目 美容室

 

第2週目(12/21〜12/27)8通
12/21 17:00 6通目 ジャニ勉の収録
12/21 19:00 7通目 家族のシーン
12/22 19:00 8通目 新幹線から見た景色
12/22 22:00 9通目 破門の撮影でも唐揚げ
12/25 20:00 10通目 トラちゃんとトナカイ
12/26 16:00 11通目 名古屋で破門宣伝
12/26 18:00 12通目 新幹線から見た富士山
12/27 21:00 13通目 関ジャム収録(眠い)

 

第3週目(12/28〜1/3)3通
12/31 14:00 14通目 今年以上に羽ばたきます
1/3 15:00 15通目 福岡新年会とおてて
1/3 17:00 16通目 関西弁

 

第4週目(1/4〜1/10)3通
1/4 14:00 17通目 名刺
1/4 20:00 18通目 イチゴ
1/7 18:00 19通目 ボクシンググローブおてて

 

第5週目(1/11〜1/17)3通
1/12 21:00 20通目 破門トレーナーの背中
1/15 14:00 21通目 ピース
1/17 15:00 22通目 空とピース

 

第6週目(1/18〜1/24)4通
1/19 18:00 23通目 イラッとした?濱ちゃん
1/20 23:00 24通目 よこハマダの似顔絵
1/21 23:00 25通目 トラちゃんとハット
1/24 17:00 26通目 関ジャム台本とおてて

 

第7週目(1/25〜1/31)5通
1/27 19:00 27通目 MステAスタ緊張
1/28 18:00 28通目 悔しかった
1/29 12:00 29通目 弟とたこ焼きパーティー
1/30 18:00 30通目 お好み焼き
1/31 23:00 31通目 すばる泣いてもうた

 

第8週目(2/1〜2/7)4通
2/1 18:00 32通目 苦労したシーン
2/4 14:00 33通目 蔵之介さんの誕生日
2/5 17:00 34通目 東京はスッキリしない天気
2/7 18:00 35通目 泡風呂

 

第9週目(2/8〜2/11)3通
2/9 14:00 36通目 後輩君達
2/10 20:00 37通目 魚ちゃん
2/11 18:00 38通目 またね。のピース

 

 

五大ドームツアー『関ジャニ´sエイターテインメント』、怒涛のテレビや雑誌の番宣ラッシュの合間に更新してくれた横山さん。

 

破門をヒットさせたいという気持ちは、きっと多くの人に届いたと思います。

 

あとは私達が、1回でも多く、1人でも多くの人を誘って、映画館に通うこと。

 

横山さんの初主演映画は最初で最後。大きなスクリーンで破門を味わえる時間は限られてます!

ムビチケ100枚は買えませんでしたが(横山さん、全部配れましたか?)、自分にできる最大限のことはしていきたいです……!


それでは明日、
追い破門(7回目)いってきまーす!!!

 

 

 

爆イケ有岡くんと約束した未来 信じたい〜年末年始東京ドーム行ってきたよ〜

 


よってらっしゃい見てらっしゃい!!!

 

9月に有岡くん沼に落ちて3ヵ月半。

 

行ってまいりました、『Hey! Say! JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.』!!!


わたしは1月1日1部2部のチケットしか確保できなかったのですが、素敵なご縁があり12月31日の公演も入らせていただき、無事3公演完走することができました!
本当に感謝でいっぱいです。

 

前日の謎の高熱から始まり、食事がろくに取れずいろんな人に心配をかけながら向かった東京でしたが、コンサートが始まる頃にはすっかり元気だったので、有岡くんにやっと会えるという緊張からきたものだったのかもしれないです。(そう考えると相当気持ち悪いです)

 

有岡くんのうちわのビジュが最高すぎて、お金を遣わないようにしてるのに保存用まで買いました。後悔はしてません。もちろん山田様も買いました。黒髪×白ニットすばらです。ありやまで並べて永遠と見ていられます。

 

 

ドームの迫力ってすごいですよね。アリーナ規模では味わえないあの心臓に響く爆音!

特に『My Girl』の前奏が痺れました!!!
あの音をもう生で聴くことができないなんて……嘘だと言ってくれ……


ビバナイのありやま、31日はDJ DAIKIだけじゃなくてもっと情報くれよ!って有岡くんが言ってて、1日1部でもう山田様が有無を言わせず有岡くんのほっぺをむぎゅーってつまんで、2部でもっと長くむぎゅーってつまんでて、しかもそれを目の前でやられてしまって、曲終わったあと思わず『ありやま……』とつぶやくくらいありやまでした。


ウィークエンダーでは山田様が有岡くんに近づいていって、そしたら有岡くんが山田様の首筋をガッと掴んで頭ゴツンしてスリスリしてたと思うんですけどあれはなんですか?夢???


次にありやまでユニットをやることなんてもうないかもしれなくて、そう考えると『DEAR.』ツアーが本当に尊いです。
ありがとう『My Girl』。

 


そうそう、BEST曲が『スギルセツナ』になってました!

この曲知ってる!DVDで観たよ!!!
あの椅子プレイ大好き芸人なんですけど、今回の階段に座るパターンもとっても良き!!!

 

有岡くんの『黒スキニーパンツ片手ポケットinダンス』がとにかく天才でした!(長い)

 


今回のコンサートでもっとも熱かったところは、なんと言っても『Your Seed(バンドver.)』!!!


JUMPの曲を色々漁っている中で最近Your Seedを知りお気に入りなっていたところだったので、もう感激というか、唖然としました。

 

バンドver.めちゃくちゃかっこよくてですね……ノリノリの有岡くん最高で……しかもChikuTakuからの流れってズルい……有岡くんに『やっと会えた……』って言われた後に、新たに追加されたラップで『君と約束した未来 信じたい』って言われるこっちの身にもなってくださいよ……この世に存在する有岡担全員marriageしちゃってません?あれ??違うかな??


なんか話まとまらなくなってきたんですけど、Your Seedで有岡くんめっちゃ客席煽ってきて、煽った後にクシャって笑う顔がモニターに映って、それがもうさ……すっごく嬉しそうで……その顔が見れただけでしあわせでした。

 


『From.』の復活も嬉しかったな〜!しかも子ども付き!!!

 

出だしの『君と〜土曜日の昼下がり〜♪』の有岡くんパート、リア恋こじらせるやつなので本当にありがとうございます(土下座)

 

子どもとの絡みめっちゃ可愛いのに目が足りなかったです!
1日1部でいつの間にか知念さんと子どもが入れ替わってたの可愛すぎたし、2部は光くんが入れ替わったけど動きが完全に丸山隆平でしんどかったです笑


そして、青衣装の『Fantastic Time』と白衣装の『Give Me Love』、曲の雰囲気とピッタリでした!!!楽しみにしてたから本当に嬉しかった!


1日2部がバクステ正面スタンドの前列で、スーパー山田様タイムがあったんですけど、目の前をずっと山田様がうろうろしていらして、美しすぎて脳が麻痺しそうになりました。あまり見ていられなかったです。

 

 

一曲一曲のパフォーマンスの質の高さ、流れのよさ、水や火やレーザーの演出、全てが充実感でいっぱいの内容で本当に大満足のコンサートでした!!!
楽しかったです!!!

 


今回びっくりしたのが、有岡担の多さ。周り見渡したら大貴うちわのオンパレード。まじか。いやでもわかる。(わかる)

 

そして、有岡くんのファンサこなれすぎ。有岡くんも自分のファンが多いことを自覚してか、もう全部に反応しきれてないし、しょうがねぇなって感じで有岡担御一行様にバーっと手を振って、指差して、投げチューして、どんなイケ散らかした高速ファンサマシーンなんだよと……!!!

横山担として生きているわたしには色々と衝撃でしたね……お主やるな!!!


他にも有岡くんがヘッドマイク外す瞬間とか、首傾けて腰回しするところとか、颯爽と歩く後姿とか、Tシャツから覗く鎖骨とか、華麗なターンとか、天使みたいな衣装の裾もって階段登ってパッと下ろすところとか、なんか忘れたけどモニターに抜かれた首筋とか、もう全部全部大好きだったんですけどどうすればいいですか??


正直こんなに有岡くんに恋すると思ってなかったし、自分でも軽く引いてるんだけど、もう後戻りはきかないので前進あるのみ!

 

これからも永遠の片思いがんばります!!!


私事なんですが、春から上京するんですよ。これからのことに期待もあるけど、不安も同じくらいある中で、今回有岡くんに会って、有岡くんがいれば日々を乗り越えていけそうだなって感じたので、10周年yearの現場を楽しみに生きていきたいと思います。


……はっ!!!

 

めっちゃ長いブログになってしまった……

 

JUMP担の友達がほとんどいませんのでブログに書くしかなくて……もしこのブログを読んでくださった優しきJUMP担の人がいらっしゃればお友達になってください(>_<)

 

 

ああもう沼がひどい!!!有岡くんすき!!!おしまい!!!

 

 

 

大雪のことは嫌いでも、札幌のことは嫌いにならないでください!〜道民エイターから見た2016年12月10日〜

 

(この記事は関ジャニ’s エイターテインメントネタバレありません)

 


2016年12月10日、関ジャニ∞の五大ドームツアー『関ジャニ’s エイターテインメント』初日が札幌ドームで行われました。

 


みなさんもご存知の通り、北国でも稀に見る大雪で多くの飛行機が遅延と欠航になり、本州から遠征予定のたくさんのエイターさんが札幌ドームに来れなくなりました。

 


9日の夜から大雪が降り続き、当日も前が見えないほどの吹雪で、TwitterやLINEでエイターさんから『行けなくなった』という連絡が来る度に心を痛めていました。

 


公演前に道民のエイターさんに会うと、みんなが心配していました。

 

『ドームが全然埋まっていなかったらどうしよう』

『せっかく札幌に来ようとしてくれたのに、来れないエイターさんがいることが本当に悲しい』

 

自分は公演に入れる。だけどみんな複雑な気持ちを抱えていました。

 

道民エイターにはわかります。いつも真冬に遠征しているからです。東京も名古屋も福岡も大阪も、全部飛行機移動で、悪天候による遅延と欠航のリスクを常に背負っているからです。

 


わたしも以前、関ジャニズム大阪公演に入るときに飛行機が何時間も遅延し、会場に着いたのが開演ぎりぎりだったことがあったし、イフオア大阪に入る予定が、飛行機の欠航で泣く泣く諦めたこともありました。

 

飛行機が欠航になってライブに入れない絶望を、他人事とは思えませんでした。

 


毎年札幌ドームは1回公演で、ここ数年はツアー初日で、それでも札幌ドームを満員にすることは難しい。

 

今年は特に一般販売が終わらなくて、年々チケットの販売状況が厳しくなっていることは誰が見ても明らかでした。

 


北海道のエイターを増やそうとわたしも周りの友人を誘っていますが、それだけでは到底足りません。

 

『初日だから』と、時間もお金もかけて本州から遠征してきてくださる方が必要です。いつも本当に感謝しかありません。


今年は土曜公演だったこともあり、たくさんのエイターさんが本州から駆けつけてくれる予定だったと思います。

 


『札幌に来れてよかった。また来年も行きたい』と思えるような遠征になればいいなと思っていました。
そうやって1人でも多く、札幌公演に行きたいと思う人が増えてほしかった。
それなのにこんな結果になってしまったことが地元民として悔しく、悲しいです。

 

今回大変な思いをしてしまった人はもう冬の札幌公演に行きたいとは思えないだろうし、わたしも『遠征して冬の札幌公演に来て!』とはもう言えない状況になってしまったなぁと思います。

 


天候のことは仕方ない。誰のことも責められない。


札幌ドームは野球シーズンが終わるまで予定が空かないし、きっと日程調整は嵐が優先だろうし、毎年この時期なのは大人の事情が色々あるんでしょうね。

 


空席が少し目立つところもありましたが、エイトさんはすべてを受け止めて、熱く、最高なライブをしてくれました。

 

最後にライブに来れなかった人にもエイトとエイター全員で拍手をして、初日が終わりました。

 

「次は(来れなかった人も)全員で札幌で会いたいです」

 

大倉さんの言葉を胸に、このツアーがこれからどうなるのか、そして来年の札幌公演がどうなるのか、見届けたいと思います。